お知らせ仕事

なぜ伝わらないのか・・・

よく会社や家庭で起きること

これ言ったのに伝わっていない

 

とか、

なんで何遍も言わすの?

 

とか

 

ありません?

 

そう、これって私もかつてそう思っていたんです。

なんでこんなことわからないかなあと部下に思っていたわけです。

しまいには、その部下に自分の頭の中にあるけど、一切伝えていないことと全く同じことを言わないと気が済まなくなってくる。

よく考えたらとんでもない上司ですよね。

そういう上司もいっぱいいたけど、

自分自身も今考えたら本当、怖い上司でしたよ。

 

その時一緒に働いていた人ごめんなさい。

 

 

 

でね、色々学んでいくとわかったんですよ。

どうして伝わらないかが。

 

 

人間には人間の数だけタイプがあるし、

そもそも脳みその作り方が違う。

同じ親から学んだわけではないし。

 

学校や兄弟、友達、地域なんかの環境だって違う。

 

 

 

例えば

仮に外国人が日本語で話せて、その人が自分の言ったことを全く理解してくれない。

その時どうするか。

わからなくて当然かと受け入れたりしますよね。

 

よく考えてみると同じ日本人だから当然というわけではないですよね。

 

 

 

同じように、お父さんが死ぬ思いして働いていた人がいたら

働けっ!って言われると

意識してなくても、勝手に眉間にしわを寄せちゃう人だっているわけですよ。

嫌な感情がもたげてきて。

それでイヤイヤ仕事をしてしまうみたいな。

 

でも、言っている方は働くって楽しいじゃん!って思って言っているっていうこともある。

 

言葉の持つイメージは人によってほぼ違うと言っても過言じゃない。

 

 

なんでもいいんだけど、仮に”目標”っていう言葉にどんなイメージがある?

っていうのをそれぞれバラバラのところで聞いて見るとわかるかもしれない。

 

 

おそらく全員違う答えが帰ってくるのではないかな。

 

 

 

同じ言葉だったとしてもイメージや印象、感じ方、浮かんでくる言葉は違う。

 

だから、伝わることの方が奇跡!

と思えば、いい。

 

初めて外国の言葉で伝えた時に相手に伝わって感動を覚えた時のように。